このページの先頭ですこのページの本文へ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大10万円相当のPayPayボーナスがあたる! 会社の口コミ投稿キャンペーン!

しごとに関するお悩みなら 教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

行政法についての質問です。

ID非公開さん

行政法についての質問です。行政手続の、実力強制調査は、事前に裁判所による許可(令状)が必要とされますが、この理由は何ですか?

質問日
2020/11/21
解決日
2020/11/26
回答数
1
閲覧数
27
お礼
0
共感した
0

ベストアンサーに選ばれた回答

個別の法律にて、強制調査が認められる場合は令状を要求します。例えば国税通則法132条1項本文は、 「当該職員は、犯則事件を調査するため必要があるときは、その所属官署の所在地を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所の裁判官があらかじめ発する許可状により、臨検、犯則嫌疑者等の身体、物件若しくは住居その他の場所の捜索、証拠物若しくは没収すべき物件と思料するものの差押え又は記録命令付差押え(電磁的記録を保管する者その他電磁的記録を利用する権限を有する者に命じて必要な電磁的記録を記録媒体に記録させ、又は印刷させた上、当該記録媒体を差し押さえることをいう。以下同じ。)をすることができる」 としています。 この手続きは刑事訴訟法の捜索、差押、検証(刑訴法218条1項)と同様の目的、性質を有しています。 そのため、刑訴法と同様、憲法35条の令状主義が及びます。 ですので理由を問われれば、手続きの性質が刑事訴訟法でいう強制処分と類似のため、令状主義が妥当し、令状を要する手続きとして規定するからということになります。

回答日
2020/11/21
共感した
0

質問した人からのコメント

詳しい説明ありがとうございました。 とてもわかりやすく、理解することができました。

回答日
2020/11/26

正社員の求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人探しは株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

転職エージェントを比較して探そう 総合求人数ランキングを見る
あなたの会社の口コミを書くだけ! 最大10万円相当PayPayボーナス※あたる! ハズレなし 最短5分 ※出金と譲渡はできません。PayPay公式ストアでも利用可能です。