このページの先頭ですこのページの本文へ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大10万円相当のPayPayボーナスがあたる! 会社の口コミ投稿キャンペーン!

しごとに関するお悩みなら 教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

宅建の勉強をしているのですが、何度やっても合格基準点に達しないです

ID非公開さん

宅建の勉強をしているのですが、何度やっても合格基準点に達しないですどうすれば点数が伸びますか?

質問日
2020/11/30
解決日
2020/11/30
回答数
4
閲覧数
275
お礼
0
共感した
1

ベストアンサーに選ばれた回答

>宅建の勉強をしているのですが、何度やっても合格基準点に達しないです どうすれば点数が伸びますか? まず、宅建試験の傾向を知りましょう。 宅建にはつぎのような傾向があります。 〇過去に出題された問題(過去問)を焼き直した問題が多い。 〇特定のテーマに関する問題が繰り返し出題される。 〇テキストに載っていない難問が4~8問くらい出題される。 〇最近法改正された法令に関する問題が、毎年、必ず何問か出題される。 〇「不動産の統計データ」に関する問題が必ず1問出題される。 〇科目ごとに出題数が決まっている。→「権利関係」が14問(問1~問14)。「宅建業法」が20問(問26~問45)。「法令上の制限」が8問(問15~問22)。「税その他」が3問(問23~問25)。「免除対象問題」が5問(問46~問50)。 これらを考慮すると、過去問集を繰り返しやってそれを完璧に仕上げてしまえば、試験対策の大半が完了です。他にやることと言えば、「直近の法改正の重要ポイント」をチェックすることと、ネットで「統計データのポイント」をチェックすることくらいです。 もう少し具体的に言うと、テキストの「赤い字」や「太い字」で書かれている部分を正確に覚える。→「だいたい」ではなく、「正確に」覚えるのがポイントです。 なお、「テキスト」と「過去問題集以外」に手を出してよいのは「一問一答」タイプの問題集だけです。 テキスト類としては、お持ちの宅建テキスト以外に、条文集、専門書、民法関連の本等は一切読まないこと。→宅建テキスト以外は「読まなくてよい。」のでなく、「読んではいけない。」です。 試験では、「正確に覚えたこと」だけが役に立ち、「だいたい知っていること」は、たいてい有害に作用します。→なぜなら、試験では、「重要ポイントを正確に覚えてきた受験者」と「そうでない受験者」を区別するような問題が出題されるからです。 一般に、「テキストを含め10冊の参考書を1回読んだ受験者」よりも、「1冊のテキストを10回繰り返し読んだ受験者」のほうが、試験では高得点になります。 宅建のテキストに書かれていることだけを繰り返し読み、過去問を繰り返し、テキストに書かれている範囲を完璧に仕上げる。→「テキストに書かれていることについては完璧。テキストから1ミリでも外にあることはまったく知らない。」というのが、試験に臨む受験者として理想の姿です。 【補足】 棚田先生が、得点が伸びる勉強方法について動画で説明されています。↓ https://www.youtube.com/watch?v=Jn3hdPLE-PM

回答日
2020/11/30
共感した
3

回答3