教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

転職先の設計職でどちらにいくべきなのでしょうか。 2社から内定が貰えそうです

ID非公開さん

転職先の設計職でどちらにいくべきなのでしょうか。 2社から内定が貰えそうです1つは建築の内装設計事務所です。地元でやっている意匠設計で、仕事内容はデザインをするので楽しそうです。しかしハードワークになると予想され、建築士の資格取得なども平行して行わなければいけないので、もっと大変になります。 2つ目は土木の設計会社です。土木でも専門の分野に特化している設計会社のようで、完全土日休みで、構造設計や、そのための計算などがあり、仕事内容でいえば淡々と行うものです。 お給料はほぼ同じで、未経験入社になります。 やりがいを求めるべきか、プライベートを充実させるべきなのか。 またそれぞれの将来性(景気悪化の影響をもろに受ける建築業界、官公庁など国の仕事を受けるが公共事業削減されている土木業界)についてご意見お聞かせください。 また今度経験や資格を取ったあと、もう一度くらいは転職してキャリアアップをしなければいけないかと考えています。プラント設計や、建築の構造設計なども視野にいれています。 ご回答よろしくお願いします。

質問日
2021/06/15
解決日
2021/06/22
回答数
2
閲覧数
69
お礼
500
共感した
0

ベストアンサーに選ばれた回答

>やりがいを求めるべきか、プライベートを充実させるべきなのか。 またそれぞれの将来性(景気悪化の影響をもろに受ける建築業界、官公庁など国の仕事を受けるが公共事業削減されている土木業界)についてご意見お聞かせください。 土木の方の意見はあるので、1の意匠についてです。 やってない人ほど、意匠ってデザインを決めてって、やりがいがあると見られがちですが、内装設計だとはっきり言って決まった中から仕上げ選んで、施主に決めて頂くっていうルートです。それも経験とコストとデザイン全部を完璧に考慮してです。 それを新卒が上手く説得できるはずもなくといった具合で、わざわざ設計事務所に頼む施主はだいたい金持ちで金持ち≒企業の社長です、説得するだけでも気がおかしくなる上に上司同伴なら自分の意見とか非常に遠いものになるし、自分の意見が通ったら通ったで完成後何言われるかも困ったもんです。 さらに仕上げなんてほぼ無限、ぱっと見一緒ってものがずらずらあるなかで根拠不明に決めるので余計、これにやりがいとかそう感じないっていうのが実体かと思います。さらに内装なんて完成したら、まずそこへは今後行くこともないです。相手企業の偉いがたにわざわざ連絡とれるほど気軽な関係でもなく、話も親子ほど離れてかみ合わないっていう状態なので、想像と現実は結構な差があります。 次に資格の話ですが、設計行くなら一級建築士は最低必須です。これがきついのは事実ですが、土木にいけばこれがないと思ったら大間違いです。土木も土木で施工関係の資格と技術士は目指せるので、資格の条件で言ったら同等だと思います。 土木より建築の方がやりがいがある、建築より土木の方がプライベートがあるってのは必ずしもそうじゃないので、そこ基準で考えない方がいいかと思います。 将来性も同じです。景気や社会情勢に左右されるのはどの業種も同じなので予想しようがないです。今のコロナでパイロットがきついことになるなんて2年前だれが予想できたでしょうかって話です。 土木か建築か決める基準があるとしたら、建築なら人が住む構造物にたずさわるか、土木なら人が住まない構造物にたずさわるかのどっちかで判断するしかないです。

回答日
2021/06/16
共感した
0

回答1

  • 建築のことは良くわからないのですが・・・・土木設計についていうと。 土木設計の会社であれば、元請けか下請けかによってかなり違ってくると思います。 元請けとは官公庁などから直接仕事を取ってくる会社で、下請けとは元請け会社などの下請けになる会社です。 元請けの会社であれば、発注者との折衝とかもしなければなりません。下請けの会社に指示も出さなければなりません。 下請けの会社で計算等を請け負っている会社であれば、安い単価で仕事を請け負って、数をこなさなければならない立場です。 土木設計の資格に関していうと、特に、元請けの会社の技術職員であれば、技術士の建設部門などを目指さなければなりません。 いずれに行くにしても数年で技術の習得などできるわけではなくて、別の分野への再転職などは考えない方が良いです。

    回答日
    2021/06/15
    共感した
    0

仕事に関する悩みや疑問を質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

おすすめの設計職求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問

転職エージェントを比較して探そう
転職エージェントを比較して探そう