教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

社会保険労務士の資格試験勉強中です。 ハローワークのリーフレット「特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲と判断基準」での…

社会保険労務士の資格試験勉強中です。 ハローワークのリーフレット「特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲と判断基準」での内容で質問です。特定受給資格者の中に「事業所の移転により、通勤することが困難となったため離職した者 」というものがあり、 特定離職理由者の中に『「次の理由により、通勤不可能又は困難となったことにより離職した者」…ⅲ) 事業所の通勤困難な地への移転 』というものがあります。 どちらも事業所の移転で通勤困難になり離職ということだと思うのですが、この二つの理由の違いは何になりますでしょうか。 よろしくお願いいたします。

続きを読む
共感した1

ベストアンサー

こんばんは。 どちらの場合も共通するのは、通常の方法により通勤するための往復所要時間が概ね4時間以上であるとき等ですが、異なる点は以下のとおりです。 ①倒産等による離職者(特定受給資格者)の方は、適用事業所の移転について事業主より通知され(事業所移転の1年前以降の通知に限る)、事業所移転直後(概ね3か月以内)までに離職した場合が当該基準に該当するものである。 ②正当な理由のある自己都合により離職した者(特定理由離職者Ⅱ)の方は、上記①で述べた基準に満たないもの。

共感した0

質問した人からのコメント

具体的なご回答ありがとうございます、非常によく分かりました。 これで心配事が一つ消えました。またお助けいただければ幸いです。

回答日
2021/09/25

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

転職エージェントランキング

おすすめの社会保険労務士求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問