このページの先頭ですこのページの本文へ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大30万円相当が当たる! 職場のエピソードを書いてキャンペーンに参加しよう

教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

宅建士の資格を取って 不動産業以外の就職で有利になる仕事を教えてください

宅建士の資格を取って 不動産業以外の就職で有利になる仕事を教えてください家庭の事情で宅建を勉強することになりました この資格を就職にも活かせたらと思っているのですが どんな就職先があるでしょうか? 不動産業は宅建士も営業や接客があるとのことで 難しいと感じました。 私は吃音症で話すことが苦手です。

質問日
2021/04/12
解決日
2021/04/17
回答数
4
閲覧数
55
お礼
0
共感した
0

ベストアンサーに選ばれた回答

法律上宅建士でなければできない仕事は宅建業にしかありませんが、本業の宅建業でさえ、持っているだけで有利になるような性質の資格ではありませんから他の職業ならなおさらです。 それでも塾の宅建講師、金融関連、建築関連などの仕事では宅建士の知識が役に立つ場合があります。期待されているわけではないので、就職活動に有利になると考えるのは大げさですが。 ちなみに毎年の受験者の割合では不動産業、金融業、建設業、他の業種がほぼ同数で並んでいますが、合格者数では5問免除の効果なのか、宅建業が多いという数字になっています。 ただしハンディをもらっているにもかかわらず、合格率では学生・主婦の合格率の方が高いという結果になっています。 不動産業、金融業、建設業を除いた、他の業種・学生・主婦・その他を合計すると、その合格者数は不動産業の合格者を大きく上回っていますので、宅建の試験は宅建業の仕事に必要だから取る人より、その他の目的(知的趣味として取るとか、就職活動用に取るなど)で取る人のほうが合格者は多いという結果になっています。 ですから仕事に使おうなどと考えずに知的趣味として気軽な気持ちで勉強することをお薦めします。むしろその心のゆとりが合格への近道になるように感じます。

回答日
2021/04/13
共感した
0

回答3

  • 宅建士資格は、不動産業界だけで役に立つ資格ではありません。 もっと幅広く求められる資格の一つです。 不動産業界以外にも銀行などの金融業や建設業でも求められる資格です。

    回答日
    2021/04/14
    共感した
    0
  • 今の時代、持ってるだけで給料がグッとUPする一般的な資格はほぼないと考えて下さい。弁護士も税理士も社労士も余ってる時代です。その中で成功してる人達は、やはり人脈を上手に利用して人間関係築き仕事の幅を広げている人達です。 ですから、人と関わる事が苦手なのであれば、その方向の仕事を探すべきです。良い悪いじゃないんです。自分に合った仕事を探す。結局はそれが、長期間安定して働ける条件だと思います。

    回答日
    2021/04/12
    共感した
    0
  • さん

    不動産業界以外で使う場面はないが、知識としては残る 宅建士の必要は、重要事項説明員と5人に一人の頭数合わせだけ

    回答日
    2021/04/12
    共感した
    0

仕事に関する悩みや疑問を質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

資格 の求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

転職エージェントを比較して探そう
職場や仕事にまつわるエピソードを書いて最大30万円相当のPayPayボーナスを当てよう!