教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

(1) 当社は,公式法変動予算に基づき製造間接費の予定配賦を行っている。

(1) 当社は,公式法変動予算に基づき製造間接費の予定配賦を行っている。配賦は直接作業時間を基準として行っており,月間基準操業度6,000時間における製造間接費予算額は9,600,000円(このうち3,000,000円は変動費)であった。 (2) 当月の製造間接費実際発生額は,9,480,000円である。 (3)当月の実際操業度(実際直接作業時間)は5,800時間 上の場合の製造間接予定配賦率と予定差異の金額、操業度差異を教えてください。 宜しくお願い致します。

続きを読む
共感した0

ID非公開さん

ベストアンサー

1.予定配賦率 ¥9,600,000÷6000h=@¥1,600/h 変動費率 ¥3,000,000/6000h=@¥500/h 2.予算差異 予算許容額 =変動費率×実際操業度+固定費予算額 9,500,000 =@¥500×5,800h+(9,600,000-3,000,000) 予算許容額-実際発生額=予算差異 9,500,000-9,480,000=20,000 20,000円(有利差異) 3.操業度差異 固定費率 =@¥1,600-@¥500 =@¥1,100/h 操業度差異 =(実際操業度-基準操業度)×固定費率 -220,000 =(5,800h-6,000h)×@¥1,100/h 220,000円(不利差異) 4.参考まで 製造間接費配賦差異(総差異) 200,000(不利差異) 予定配賦額 =@¥1,600/h×5,800h =9,280,000円/h -¥200,000 =¥9,280,000-¥9,480,000

共感した0

質問した人からのコメント

ありがとうございます。

回答日
2021/07/28

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

おすすめの製造求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問

  • 転職エージェントを比較して探そう