教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

簿記3級の売上原価の算出について質問です。

簿記3級の売上原価の算出について質問です。テキストでは、売上原価は「前期繰越額+当月純仕入額-次月繰越額」で算出されると学びました。 それにもかかわらず、なぜ6600+4880となっているのか分かりません。写真の問2(2)の部分です。

共感した0

ID非公開さん

ベストアンサー

こんにちは。会計士です。 普段の決算整理仕訳では、売上原価を求めるとき、 仕入4,000/繰商4,000 繰商9,880/仕入9,880 と学ぶと思います。 たしかに質問者様の理解は正しいのですが、この問題の場合、期中の商品の受払いが取引ごと記載されていますよね。 なので払出の金額をそのまま拾ってしまえば売上原価は計算できます。 もし問題でこのような商品有高帳がなければ、期首残高+当期仕入-期末残高で売上原価を求めましょう!

共感した0

その他の回答(2件)

  • 基本はそれなのですが、 在庫+仕入れー払い出し=繰り越し なので 在庫+仕入れー繰り越し=払い出し になります。

    共感した0
  • この商品有高帳には[当月仕入だけで無く[前月繰越]も[次月繰越]も6/1〜6/30までの記録に含まれています。 そして販売(売上)のために出庫(払出)した6,600と4,880を足し合わせれば売上高に対応する売上原価を算出することが出来ます。

    共感した0

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

おすすめの簿記求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問

  • 転職エージェントを比較して探そう