教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

(No. 2〕次の三段論法のうち、正しいものはどれか。 1空が澄んでいれば星が見える。雨のときは星が見えない。ゆえに、…

(No. 2〕次の三段論法のうち、正しいものはどれか。 1空が澄んでいれば星が見える。雨のときは星が見えない。ゆえに、雨のとき は空が澄んでいない。2 澄んだ冬の空なら星がまたたく。今日は冬ではない。ゆえに、星はまたたか ない。 3 冬の空ならオリオン座が輝く。今日はオリオン座が輝いている。ゆえに、今 日は冬である。 4 空気が澄んでいれば遠くの山が見える。今日は遠くの山が見える。ゆえに、 今日は空気が澄んでいる。 5 澄んだ空なら星がまたたく。冬は星がまたたくことが多い。ゆえに、冬は空 が澄んでいることが多い。 正解は1です。 解法を教えてください。

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

「空が澄んでいれば星が見える。」の対偶は「星が見えなければ空は澄んでいない」なので、「雨のときは星が見えない」+「星が見えなければ空は澄んでいない」→「雨のときは空が澄んでいない」。

共感した0

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

転職エージェントランキング

おすすめの公務員求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問