教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

「教えて!しごとの先生」では、仕事に関する様々な悩みや疑問などの質問をキーワードやカテゴリから探すことができます。

Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しており、 質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

通関士試験に関する問題で質問です。 問題:本邦から輸出された原材料以外の原材料が使用されている製品についても、関税の軽…

通関士試験に関する問題で質問です。 問題:本邦から輸出された原材料以外の原材料が使用されている製品についても、関税の軽減を受けることができる。 答え:〇上記は正解だそうです。なぜ、本邦から輸出された原材料以外の原材料で作られた製品であっても、関税の減税対象になるのでしょうか? 「本邦から輸出された原材料=A」、「B国の原材料=B」とした際に、Bが混ざっていても、減税対象になるという事でしょうか? もし、A<Bの原材料の比率が多い場合は、この減税の対象にはなりますか? 解説できる方お手数ですがよろしくお願いします。

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

相手国との貿易を活発にして両国の経済伸ばす趣旨では 一ぱん特恵では自国関与基準、EPAでは累積という様なルールがあります どちらも日本原産材料が使われていても相手国原産品とみなして低い税率適用します 複雑なので実務では具体的に検討しないとダメですけど

共感した1

質問した人からのコメント

自国関与基準に関して気が付かせていただいたので、BAに選ばせて頂きました。他の回答者の方の解説も素晴らしかったです。

回答日
2022/01/21

その他の回答1件)

  • 加工再輸入減税制度の場合、本邦から輸出された原材料に相当する部分の減税が可能です。従って本邦から輸出された原材料の割合が10%なら減税の割合が10%相当になるだけで減税は可能です。

    共感した1
この質問と関連する質問

    他の質問を探す

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:資格

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    転職エージェント求人数ランキング

    おすすめの求人

    求人一覧を見る

    求人を探す

    スタンバイロゴ

    ※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:資格