教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

「教えて!しごとの先生」では、仕事に関する様々な悩みや疑問などの質問をキーワードやカテゴリから探すことができます。

Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しており、 質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

簿記 簿記の読み物で 一つの取引には二つの現象がある とあったんですがよく分からないので説明お願いします

簿記 簿記の読み物で 一つの取引には二つの現象がある とあったんですがよく分からないので説明お願いします

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

複式簿記の背景となっている考え方ですね。 例えば、現金を支払ったとき、それだけを見れば単に現金が移動しただけです。でも、支払った理由があり、支払ったことで何かが増えたり減ったりもしたはずです。物を手に入れたのかもしれませんし、債務が減ったのかもしれません。 現金を支払ったときに、もうひとつ何かが生じています。これが「一つの取引には二つの現象がある」です。

共感した0

質問した人からのコメント

一番分かりやすかったです。 ありがとうございました。

回答日
2022/05/19

その他の回答2件)

  • >一つの取引には二つの現象がある 簿記上の取引とは、資産、負債、資本、収益、費用の取引5要素で これらの2つの組み合わせの増減としてとらえます。 二つの現象? はぁ? となるので、5つの取引要素の 組み合わせ増減、、、と覚えればよろしい。 [例」 100万円で掛け売りした。 売掛金 / 売上 1,000,000 資産の増加 / 収益の増加 という2つの現象でとらえます。

    続きを読む
    共感した1
  • 例えば、 現金/売上 これは、売り上げてお金を受け取るという2つの出来事がある。

    続きを読む
    共感した0
この質問と関連する質問

    他の質問を探す

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:簿記

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    転職エージェント求人数ランキング

    おすすめの求人

    求人一覧を見る

    求人を探す

    スタンバイロゴ

    ※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:簿記