教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:法律 残業
  • 解決済み

給与改定の遡及について

給与改定の遡及について勤務する会社から、賃金改定についての申し入れがありました。 改定金額も納得できない内容(7%の減額です)なのですが、 さらには改定時期を遡るというのです。 給与の締日は毎月末、支給日は翌月の15日となっております。 申し入れがあったのは5/6ですが、 4/1に遡るというのが会社からの申し入れです。 つまり、5/15給与分から、改定賃金になるとの事。 私としては、既に4月分は役務を完了しており、 今のままの給与で支払う事を主張したいのです。もちろん既に5月も勤務を履行 している訳ですから、将来の賃金改定という意味合いでは 6/1~つまり7/15支給分とする旨を申し入れしたいと思っています。 法的な取決めや、判例等があったら教えてください。 よろしくお願いいたします。

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

これね、私も、「法的に不可能だろう」と思っていましたよ。改定前の給与は、当時の労働の対価であって、それに見合う労働を提供した対価として正当に受け取っていて、かつ、完結しているのだから、遡及は無理だとね。 ところが、国家公務員で、これ、やりましたね。数年前からですが、ほぼ、毎年のように、減額勧告が出されています。 人事院勧告は、10月頃に民間分の調査が終って、勧告されますが、そこで、4月に遡って月額給与の減額を実施するとした場合、既に支給し終った分は、減額した相当額分をボーナスから差し引くという方法で調整しています。 国家公務員で実施可能ということは、給与法の改正に関しては、内閣法制局の審査を通しますので、法制局として、憲法にも、他の法令にも抵触しないと確信したことになります。または、裁判となっても「勝てるという見込みがある」ということですね。 そうなると、難しいでしょうね。昔は、「労働者に対して不利益となる改定は、既に支払われている給与に対して遡及は出来ない」という見解があったと記憶にあるのですが、どうも、時代と共に、変化してきているようですね。

共感した0

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

転職エージェントランキング

おすすめの残業なし求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問