教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

内閣府の「氷河期世代支援プログラム」の一環として、地方自治体でも氷河期世代を対象とした公務員採用試験を行っていますが、内…

内閣府の「氷河期世代支援プログラム」の一環として、地方自治体でも氷河期世代を対象とした公務員採用試験を行っていますが、内閣府のページを見る限り、現在「非正規雇用」もしくは「無職」の方を対象とした支援策とあります。ただ、氷河期世代の採用試験でも年齢以外に条件の記載がない自治体もあります。その場合、現在正規雇用として働いてる人も募集できるのでしょうか?

共感した0

ID非公開さん

ベストアンサー

「氷河期世代支援プログラム」の趣旨に基づいて募集していても、実際にどのような人を対象とするかは地方公共団体ごとの判断となっています。 このため、その団体の受験案内を確認し、受験資格に合致しているならば現在正規雇用をされている方でも受験可能です。

共感した0

質問した人からのコメント

ありがとうございます。 各自治体の判断となれば、もしかするとある程度のハンデも想定した方がよさそうですね。あとは、なぜ氷河期世代で応募したのかについての理由をしっかり説明できるかどうかってところでしょうか…実は20年ほど前に国家公務員試験を受けたことがありまして、残念な結果ではありましたが…ワケあって受験したのはその一度きりです。なのでこのチャンスを私としては逃したくないと思っています。

回答日
2021/07/29

回答(2件)

  • なんでその自治体に聞かないの?

    共感した0
  • 年齢以外に条件の記載がない求人の場合においても、「氷河期に当たったことで現在も非正規もしくは無職」の応募を前提としてましょうから、可能なことと採用とは別問題です。 各人の履歴精査に際して、正規雇用での応募は門前払い、もしくは決定的ハンデ(減点)での選考となるに違いないです。 「あえて正規雇用在職中の人を採っては支援の趣旨にそぐわない」からです。それでもと思われるなら、応募自体は制しませんが…

    続きを読む
    共感した0

他の質問を探す

仕事に関する悩みや疑問を質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

おすすめの公務員求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問

  • 転職エージェントを比較して探そう