教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

簿記の質問です 画像のような問題なのですが、貸方の方に売上と書く時と商品と書く時の違いが分かりません。

簿記の質問です 画像のような問題なのですが、貸方の方に売上と書く時と商品と書く時の違いが分かりません。どうしたら違いが分かりますか?問題文の中に、商品を仕入れた時に商品勘定に記入〜などが書かれていなければ売上と書いたら良いのでしょうか? よろしくお願いします

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

三分法は商品売買を「仕入」「売上」「繰越商品」の3要素で仕訳する方法です(だから “三”分法 と言います)。 分記法は商品売買について「商品」と「商品売買益」で処理する方法です。 問題文に「なお仕訳は分記法で行なう」となかったら、三分法です。 決算整理仕訳が必要かどうかなどの違いがあります。 三分法は売価で計上するだけなので、売上原価を出す【決算整理仕訳】が必要です。 分記法は売上のたびに原価と商品販売益を考慮してるので「しーくりくりしー」の決算整理は要りません(そもそも“商品”だから“仕入”じゃないですしね)。 因みに『分記法』は試験範囲から外れましたが、日商2級に入ると『売上原価対立法』というのがありまして 「1万円で仕入れた商品のうち、5,000円分を8,000円の売値で販売した」という問題は (借)現金8,000 (貸)売上8,000 (借)売上原価5,000 (貸)商品5,000 売価8,000円を「売上」勘定の貸方に記帳して、 販売した分の商品原価5,000円「商品」勘定を「売上原価」勘定へ振り替える仕訳になります。 まるで『三分法+分記法』の様な感じにも見えなくはないので、2級に進むなら分記法は覚えた方がいいかもですね。 https://pboki.com/re/2021reboki.html#:~:text=%E5%88%86%E8%A8%98%E6%B3%95%E3%81%AF%E3%80%81%E9%87%8D%E8%A6%81%E6%80%A7

共感した0

質問した人からのコメント

とても丁寧に回答してくださりありがとうございます! おバカな私の頭でも理解できました。本当にありがとうございます。

回答日
2021/10/23
おすすめの社員クチコミを見てみよう

その他の回答1件)

  • 商品の仕入、販売の仕訳には、 三分法と分記法があります。ほんとはもっとあるんですけどこれだけにします。 本問は【三分法】を使っています。 よーするに、 仕入れたら「仕入」、 売上げたら「売上」をつかいます。 一方で、「商品」勘定をつかうのは【分記法】です。分記法はあんまりでないので説明を割愛させていただきます。 まとめると、【三分法】か【分記法】かで、商品勘定をつかうか売上勘定をつかうかがわかれます。

    続きを読む
    共感した0

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

転職エージェント求人数ランキング

おすすめの求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問