教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

税理士簿記論受験者の方、アドバイスいただけますと幸いです。 -----------------

税理士簿記論受験者の方、アドバイスいただけますと幸いです。 -----------------2021年度合格目標で大原の税理士簿記論コース(1年間ほど通うコース)を受講しておりました。最初の半年ほどはきちんと受講していたのですが、仕事の忙しさと家庭環境などにより体調を崩して鬱になり、今まで勉強から離れていました。 再び勉強をやり始めようと思ったものの、この時期のため、今後の学習計画から決めようと思い、お知恵を頂きたく投稿した次第です。 当方は社会人で会計事務所に勤務しており、簿記自体は2級しか持っておりません。今から2022年度の税理士試験目標は厳しいため、下記の案を検討しています。どちらがお薦めかアドバイスいただけないでしょうか。 【案①】 2022年11月目標の簿記1級を受験する 【案②】 2023年8月目標の税理士試験のため、簿記1級には手をつけずに勉強する (コメント) 2023年8月税理士試験目標まで何も試験を受けないなら、ひとまず1級合格を目指して、合格できたらステップアップとして簿記論に手を出すべきかなと考えた次第です。懸念点としては、工業簿記や原価計算が入る分、最終ゴールである簿記論合格を考えると、純粋に簿記論のみ勉強すべきではという考えもあります。 アドバイスよろしくお願いします。

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

資格予備校の税理士講座のシステムについてだけ回答致します。 簿記論合格が目標なら日商1級の学習と受験はいたずらに遠回りになるだけ。 難解な工簿原計だけではなく商簿会計にも簿記論には不必要な連結等の論点が存在するからです。 どこの予備校の税理士講座でも9月スタートの1年コースと1月スタートの速習コースの2コースあります。 簿記論を再開するおつもりなら来年1月スタートの速習コースに申し込めば2022年夏の試験に間に合うのですよ。 詳しい情報は通っていた大原の支部校で確認した上で今後どうするかを判断されるとよいのでは。 (資格予備校元スタッフ)

共感した2

質問した人からのコメント

皆さまアドバイスありがとうございました。 初学者で半年の勉強期間は厳しいなどと甘えたことを言っていましたが、1月開講を申し込んで死に物狂いで勉強したいと思います。

回答日
2021/12/08

その他の回答3件)

  • 受験資格があるなら、簿記1級は無駄。2022年簿記論合格を目指しましょう。絶対に合格できないとは言い切れない。

    共感した0
  • イメージとしてなのですが、 今から2022年8月目標の速習で勉強した場合の合格率が20%くらいとして、 案①、案②のその率は、せいぜい25%程度になるくらいだと思います。 回り道をしてしっかりと勉強したほうが、合格しやすいかどうか、それは人によりますので自分で決めるしかないのですが、ほとんど影響ない(合格できない人は、回り道をしても合格できない)のではないかと思います。

    続きを読む
    共感した0
  • 税理士です。 年明けからでも2022年の簿記論に向けて勉強する。 その一択だと思います。

    共感した2
この質問と関連する質問

    他の質問を探す

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:簿記

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    転職エージェント求人数ランキング

    おすすめの求人

    求人一覧を見る

    求人を探す

    スタンバイロゴ

    ※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:簿記