このページの先頭ですこのページの本文へ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大500円相当もらえる! 会社の口コミ投稿でPayPayボーナスをゲットしよう!

教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

プロになれないのになぜその習い事をするのか、という質問について。

ID非公開さん

プロになれないのになぜその習い事をするのか、という質問について。ある保護者から、ピアニストになれないのになぜピアノを習わせるのか、と質問されたことがあります。 これは例えばプロ野球選手になれないのになぜ野球をやっているのか、ということと同じで何を習い事をしても例えられると思います。 私は答えは持っているのですが、何をいっても売り言葉に買い言葉になりそうで、反論等しなかったのですが、皆さんはこのことについてどのように感じますか?

質問日
2020/10/31
解決日
2020/11/03
回答数
19
閲覧数
197
お礼
25
共感した
1

ベストアンサーに選ばれた回答

別にその道で稼ぐことができなくても、たくさんの事を経験する事は豊かな感性を作ったり、その習い事がきっかけで人間関係も広がったりします。ですので、プロになれないからといっても習い事を否定するのは少し視野が狭いのかなとは思います。 もちろん何でもかんでも習わせて子供に負担をかけるのは、どうかと思いますが、本人がやりたいと思った習い事は極力させてあげたいですね。

回答日
2020/11/03
共感した
1

回答18

  • 同じことを続ける忍耐力、チーム戦なら協調性や上下関係、習い事から学べることは多いと思います。

    回答日
    2020/11/03
    共感した
    0
  • breathさん

    先の回答者様と一部重複しますが、大人になって教養が広がると思います。 例えばピアノをやっていれば、そこから広がって吹奏楽部へ、さらにコンサートへ(クラシックでもポップスでも)行くことに興味を持ち、音楽を理解し楽しむという世界が広がる。 絵画展、書道展に通って楽しむことができる。 さらに自国の文化を知り、アイデンティティーを持つことは、今後グローバル社会になるほど重要であると考えております。 特にビジネスで付き合うにも欧米人にとっては、文化の教養は必須ではないでしょうか。

    回答日
    2020/11/03
    共感した
    0
  • 教養の一つだから。経験をする、学ぶことの一環。 プロになるのであれば、学校に行く必要はないけど、○○バカになるだけだし、1つの側面しか見られない親に反論しても、面倒なので、そうですよねーと適当にかわしますね。

    回答日
    2020/11/03
    共感した
    0
  • ikkagonさん

    趣味というのはそれを職業とするためにするのではないと思います。 従って習い事=将来の仕事にはならないはずです。 あくまでも個人の楽しみや鍛錬のためにするわけですから プロになれないのになぜその習い事をするのか、という質問自体がナンセンスと思います。 そんなことを言うと全ての習い事が成立しないと思います。 私自身、趣味で乗馬をして指導者資格まで取得しましたが、乗馬を仕事にしたいと思ったことは1度もありません。 趣味は趣味のままが良いのです。

    回答日
    2020/11/03
    共感した
    1
  • えーーー笑 本人が楽しめる世界が拡がるように ですよね? みんなそうなのだと思っていました!

    回答日
    2020/11/03
    共感した
    0
  • 何事も『結果』だけを評価するのではなく、『過程』に意味があるからです。

    回答日
    2020/11/03
    共感した
    1
  • 「ピアノ習うことでどんなメリットがあるのか?」 というように尋ねられたのならいろいろ答え方がありますよね。 ピアノ以外の習い事にも共通することとしては、 子どもが好きで楽しんでいるから。 >ピアニストになれないのになぜピアノを習わせるのか というような言い方で質問する人には 「子どもが好きだから」 でいいと思います。 こういう聞き方をする人は妬み羨みのやっかみで聞いてくるのでしょうから、反論しないでまともに相手しなかった質問者さんは正しいと思います。

    回答日
    2020/11/01
    共感した
    1
  • aquosさん

    好きだからやる。 それだけです。 そのなかで才能に恵まれた人が プロになる。 プロになるために習うのでなく 好きだから習うのです。 芸術至上主義という言葉があるように 芸術やスポーツは それを楽しむことこそが目的で 金もうけのためにあるのではありません。だからこそ、オリンピックは、プロアスリートどはなく、ノンプロが主役なんです。 お金でしか物を測れない 心の貧しい人には 「情操」を磨くということが 理解できないのです。おつ。

    回答日
    2020/11/01
    共感した
    1
  • 反論されるなら答えちゃうやんw

    回答日
    2020/10/31
    共感した
    0
  • なんだか最近、そういう考え方の人が増えていますね。プロになれないならやる必要がない。つまり金にならない、役に立たないならやる意味はない、という。 はき違えていると思います。金を稼ぐ、というのは生きるための「手段」であって、それ自体が人生の目的ではないでしょうに。 「人はパンのみにて生くるにあらず」というやつです。現代的に言うなら「寿命が尽きるまで息してろって? それが生きていると言えるのか?」というやつです。金を稼ぐのは息をしてパンを食べるための手段であって、それだけでは生きている意味がありません。楽しくなければ。 ピアノが弾ける、というのは、子供時代にしろ大人になってからにしろ、人生をとても楽しく豊かにしてくれると思います。 もちろんお金を稼ぐことが楽しくて仕方がなく、それが生き甲斐という人はいますが、そういう人は起業や投資をやればよいわけでして。

    回答日
    2020/10/31
    共感した
    1

仕事に関する悩みや疑問を質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

正社員 の求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

転職エージェントを比較して探そう
会社の口コミを書くとPayPayボーナス※ 最大500円相当もらえる ※出金・譲渡不可、PayPay公式ストアでも利用可。 詳しくはこちら