このページの先頭ですこのページの本文へ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大10万円相当のPayPayボーナスがあたる! 会社の口コミ投稿キャンペーン!

しごとに関するお悩みなら 教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

就活中です。 「前職の年収を考慮」のような記載がありますが、口頭で交渉するのか、

就活中です。 「前職の年収を考慮」のような記載がありますが、口頭で交渉するのか、それとも内定後に入社手続きとして源泉徴収票などの提出を求められるのですか? 今年は無収入なので、 (というかそもそも空白期間が長い) 年末調整の必要もありませんが、それでも前職の明細書のようなものはあるでしょと言われてしまうのでしょうか。

質問日
2020/12/01
解決日
2020/12/02
回答数
2
閲覧数
34
お礼
0
共感した
0

ベストアンサーに選ばれた回答

おぢさん

元採用担当のおぢさんです。 前職の年収を考慮というのは、「一応お伺いしますけど、期待しすぎないでね」という意味です。前職の年収が高いことをそのまま反映させていくと、社内で何年も頑張ってきた同い歳の社員よりも遥かに高い年収にもなりかねないですからありえません。現実的には、それ相応の実力があると認められれば、当社の給与規定内で少し高めの基本給にしますということです。 本当に能力や実績を給料に反映させるのであれば、入社してからの成果報酬型にしている可能性も僅かにあります。また、外資系であれば最初の交渉で年俸が変動することは普通にありますが、仕事ができなければ簡単にクビになります。 話は戻って一般的な日本企業の場合、発言が事実かどうかを確かめるために源泉の提出を求められる可能性や、過去職の在籍証明を求めるところが全く無いわけではありません。書類を手元に置いておくことや、過去の職場とやり取りできる関係性は可能な限り確保してくべきですね。

回答日
2020/12/01
共感した
0

質問した人からのコメント

有難うございます!

回答日
2020/12/02

回答1

  • 履歴書見れば 空白期間が長いのは理解できるので 源泉徴収票を求められる事は無いと思いますよ。 精々『前職での手取り額、年収』程度でしょう。

    回答日
    2020/12/02
    共感した
    0

正社員の求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人探しは株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

転職エージェントを比較して探そう 総合求人数ランキングを見る
あなたの会社の口コミを書くだけ! 最大10万円相当PayPayボーナス※あたる! ハズレなし 最短5分 ※出金と譲渡はできません。PayPay公式ストアでも利用可能です。