このページの先頭ですこのページの本文へ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大30万円相当が当たる! 職場のエピソードを書いてキャンペーンに参加しよう

教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

そろばんの繰り上がりのある足し算をする際に使う、 足し算の九九の種類、使い分けについて質問です。

そろばんの繰り上がりのある足し算をする際に使う、 足し算の九九の種類、使い分けについて質問です。① 繰り上がる足し算をする場合は、以下の九九で +9の場合、1を取り10を入れる +8の場合、2を取り10を入れる +4の場合、6を取り10を入れる 1+9の場合だと、 1の状態から、1を取り10を入れるということになるようです。 ② また、 5玉を使う繰り上がる足し算の場合は、以下の九九で +4の場合、5を入れて1を取る +3の場合、5を入れて2を取る 1+4の場合だと、 1の状態から、5を入れて1を取ることになるようです。 ①、②と2種類の九九がありますが どちらの九九を使うかというのはどういう風に判断するのでしょうか? ①の九九にも+4の九九があり +4は6を取り10を入れる があるので、 1+4なら、 一旦①の九九で 6を取り10を入れるをしようとしたけど、 1の状態からは6を取れないことにやりかけて気付いた後に、 ②の5を入れて1を取る の2段階の動作を毎回行うのが普通なんでしょうか? ①、②のどちらの九九で瞬時に 判断をする方法というのはあるものなんでしょうか? 判断するのにひっ算している自分がいます… 詳しい方おられましたら教えてもらえないでしょうか?

質問日
2021/04/12
解決日
2021/04/19
回答数
2
閲覧数
69
お礼
0
共感した
0

ベストアンサーに選ばれた回答

①は10の繰り上がりの計算ですね。 10の補数を使う計算とか 10を作る計算とか 10になるお友達の数を使う計算とか そういう言い方をする場合もありますね。 2+9,4+8,3+7、9+6,7+5,7+4、8+3,9+2、9+1 など答えが10以上になるパターンです。 ②は5の繰り上がりの計算ですね。 5の補数 5を作る 5になるお友達の数を使う 場合になりますね。 3+4、2+3、4+2、4+1 など答えが5以上8以下になるパターンですね。 瞬時に判断する方法については、練習しかありません。 1日や2日数時間練習しただけで身につくものではありません。 少なくとも1か月以上継続して練習するうちに 頭で考える前に勝手に手(指)が動くようになります。 というよりも…勝手に指が動くようになるまで反復練習あるのみです。 >判断するのにひっ算している自分がいます… 暗算した答えをそろばんに置いていると言う事でしょうか? どうしても判断が難しいなら、そういうやり方でも最終的には勝手に指が動くレベルにはなるでしょうが、指運の順序を間違えないようにするのが大切です。 特に >+4の場合、5を入れて1を取る ような場合、「最初に5を入れて、次に1を取る」のが正しくて 最初に1を取って次に5を入れるは間違いです。 計算結果としては同じですが正しい方は指の動きが上から下への移動だけで済みます。間違っている方は最初1を取る際に上から下に動かしたのちさらに指を上に移動させて5珠上から下に動かすのでその分時間ロスしてしまいます。 初級をやっている間はそれでも困ることはありませんが、上級になると0.1秒も無駄にするわけにはいきません。又そのころになって正しい指使いに直そうと思っても一度覚えてしまった指の動きは癖になっているので正しいやり方に直すには覚える時間以上の時間がかかる可能性が高いので最初から正しいやり方で覚える必要があります。

回答日
2021/04/12
共感した
0

回答1

  • 123456789+1の場合...4+1が②、9+1が① 123456789+2の場合...34+2が②、89+2が① 123456789+3の場合...234+3が②、789+3が① 123456789+4の場合...1234+4が②、6789+4が① 123456789+5の場合...56789+5が① 123456789+6の場合...456789+6が① 123456789+7の場合...3456789+7が① 123456789+8の場合...23456789+8が① 123456789+9の場合...123456789+9が① つまり +1~4のときは... その数、そのまま入れる→入れられない→玉5入って無②、有① +5~9のときは... その数、そのまま入れる→入れられない→① ☆上記で、計算してみてください。できると思います!!

    回答日
    2021/04/12
    共感した
    0

仕事に関する悩みや疑問を質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

の求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

転職エージェントを比較して探そう
職場や仕事にまつわるエピソードを書いて最大30万円相当のPayPayボーナスを当てよう!