教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

司法書士の勉強をしています。民法177条につきましてお尋ねしたいことがあります。

司法書士の勉強をしています。民法177条につきましてお尋ねしたいことがあります。Aを起点とするXとYへの不動産の二重譲渡がなされた事例で、第二譲受人Yが、Xが先に当該不動産をAから譲り受けていることを知っていた場合、すなわちYが悪意の場合でも、単なる悪意者は、自由競争の範囲内のものとして許容されると評価できるので、登記を備えればYはXに所有権取得を対抗できると考えて問題ないでしょうか? どうぞよろしく願いいたします。

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

そのとおりです。

共感した2

質問した人からのコメント

紳士的な対応に感謝いたします。投稿してよかったです。勉強になりました。

回答日
2021/08/02

回答(3件)

  • 知っているなら無効ですが、知っていることをXが証明しないとです。

    共感した0
  • XがAとYの共謀による二重譲渡を証明できたり、Xに対する妨害であることが証明できれば登記による対抗以前だと思いますが、裁判に持ち込めなければ登記を備えたYが有利なことは確かです。

    共感した0
  • すでに回答が付いていますが、177条の構造を正確に言える人は、実は結構少ないのではないのでしょうか。

    共感した1

他の質問を探す

仕事に関する悩みや疑問を質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

おすすめの司法書士求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問

  • 転職エージェントを比較して探そう