教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

自称資格マニアモドキです。 私は、現在次のような資格を保有しています。(自慢ではありません) ・普通自動車免許 ・中型自…

自称資格マニアモドキです。 私は、現在次のような資格を保有しています。(自慢ではありません) ・普通自動車免許 ・中型自動車免許 ・フォークリフト(1トン以上) ・危険物乙1種~6種及び丙種・二級ボイラー技士 ・潜水士 ・発破技士(試験のみ合格、実技講習受けてないので免許証には書かれてない) ・特定第一種圧力容器作業主任者 ・1級小型船舶操縦士 ・第三級海上特殊無線技士 ・毒物劇物取扱者 ・酸素欠乏硫化水素危険作業主任者 ・有機溶剤作業主任者 ・特定化学物質四アルキル鉛等作業主任者 ・高圧ガス第二種販売主任者 勉強中 ・高圧ガス移動監視者 ・高圧ガス第一種販売主任者 ・第二級陸上(海上)特殊無線技士 ・運行管理者(貨物) 今のところ転職は考えてませんが、もし転職するとするとどのような業界が 有利になりますか?

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

投稿者様が取得している資格のジャンルは色々ですが、ある程度の規模のある会社で、構内作業も請け負っている運輸業、倉庫業の会社なら重宝されると思いますよ。 私は物流会社(従業員1,500名程の規模でとび・土木一式の建設業の許可も取っています)に勤めていますが、所長クラスになると色々な資格を持っています。私は総務職兼経理職です。 私の場合、中途入社ですが25歳手前までは新卒で勤めた会社を辞めたあとフリーターをしていました。 当時、資格などは運転免許くらいしか持っていませんでした。 バイト仲間から簿記というものを聞いて知りまして「会社の儲けや損が分かるのか。面白いな」と思ったことから市販の書籍で学び始めました。 ・日商簿記3級(6月)と全経簿記2級 ・日商簿記2級(11月) ・全経簿記1級(11月) を取ってハロワで見つけた税理士事務所に勤務 その後、 ・建設業経理士2級(翌年3月) ですが、給料があまりに安くてアパートの家賃支払いにも困る始末となり、稼げる業界を探して、不動産業界に行こうと思い、 ・宅地建物取引士 を10月に受験・12月に合格して、税理士事務所は1年で辞めて東証1部の不動産会社へ転職しました。 転職後、会社の指示で、 ・損害保険募集人 また、社内奨励資格でした ・管理業務主任者 を取って、6年半働きましたが地元へ帰ってきて今の会社に勤めています。 資格は、中途入社後に会社側からの指示で社費・出勤扱いで、 ・第一種衛生管理者 所属部署の所在地の労働基準監督署へ有資格者として届出。 ・運行管理者(貨物) 運輸局(支局)に有資格者として選任届を提出。 ・整備管理者 運行管理者と同じく届出済。 ・甲種防火管理者 ・ボイラー取扱技能者 所管の消防署へ会社側が有資格者として届出 ・酸欠硫化水素危険作業主任者 (構内作業の応援を行う場合があり取得) ・税理士試験科目の簿記論、財務諸表論 (自己啓発として:これは自費です。大原簿記やTACの通信講座を受講) を取得しました。 通常業務は、担当部署の月次・年次決算や財務分析。貸倉庫の賃貸借契約書の作成と契約締結。車両や社屋、輸送中の損害保険関係の新規・更新手続き。運送基本契約書・協定書・覚書等の作成と契約締結。官公庁への行政書類の提出等を行っています。 このように今まで、そして前職までに取得してきた資格を含め、ほぼ全てを活かせるポジションを会社側から頂いています。 管理業務主任者証だけは使わないので更新せず失効してしまいましたが、宅地建物取引士証は更新して使えるようにしています。 このように、「入社した会社」「勤めた会社次第」ですが、私が勤めている物流会社はフルにその個人の能力や資格を活かす=(人材=人「財」)として扱っていて、そのような会社に巡り合いますと、ほぼ全ての取得した資格も活きてきます。 ですので、資格を活かすには「良き会社との出会い」これが重要ですね。 今年は、投稿者様もお持ちの毒物劇物取扱責任者を取得しなさいと指示されており受験予定です。私の部署からは事務職4名が受験します。 あと、社費でフォークリフトの免許も時間があるときに取得する予定です。 来年は、会社で人気の通関士を取って社内転職(希望して部署異動)をしてみたいと考えています。 これだけの資格を持っているのは何も私だけではなく、事務職の社員は運行管理者(貨物):事務職は全員取得必須に加えて+α、驚くほど色々な資格を取っています。 倉庫のある営業所では、毒劇物と危険物乙4、輸出入の通関業務の国際部では十数名の社員全員が通関士の資格を取得しています。 人事本部では社会保険労務士、システム部では情報処理技術者等の資格だけでなく中小企業診断士を取得している社員もいます。 工事部門では、1・2級の土木施工管理技士や管工事施工管理技士等を持っている社員、ビルメンテ部門では特級・1級・2級のボイラー技士+建築物環境衛生管理技術者や作業環境測定士などの国家資格を持った社員が働いています。 資格を並べると、資格マニアのように見えますが、どの資格も「〇〇の資格がないと〇〇の業務が出来ない」「〇〇の資格を持っていないとそのポジションに就けない」といった資格のため、社員みんなは色々な資格取得に励んでいて、気づけば多くの資格と実務経験が出来ているという感じになっています。 マニアではなく、実際に取った資格は仕事で使っているということですね。 ですので、私は今の経験から運輸業、倉庫業等をお勧めしましたが、業種・業界・職種問わず、一番ポイントなのは「人=社員を大切にして、その能力をフルに活用できる会社に巡り合えるか否か」だと思います。 ですので、取った資格が活かされるも無駄になるのも「勤めた会社次第」「選んだ会社次第」「出会った会社次第」ということではないでしょうか。

共感した0

質問した人からのコメント

ありがとうございます。 質問蘭には書いてませんが私は、某石油会社の代理店で働いています。 乙四・普通免許(たまに中型)以外は現在のところ機能していませんが、もしかしたら役立つことが有るかもしれませんね。

回答日
2021/08/29

その他の回答3件)

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

転職エージェントランキング

おすすめの求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問