教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

「教えて!しごとの先生」では、仕事に関する様々な悩みや疑問などの質問をキーワードやカテゴリから探すことができます。

Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しており、 質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

マッサージのよくある雇用形態 個人事業主として結んで完全歩合制は今後禁止になりうる可能性ありますか

マッサージのよくある雇用形態 個人事業主として結んで完全歩合制は今後禁止になりうる可能性ありますか

共感した0

ベストアンサー

可能性はないと思われます。 労働基準法では、最低時給以上の給与が保証されない完全歩合制は違法となっています。時給換算した時間に見合った給料を保証しないといけないことが決まっているんです。そこで考えられたのが個人事業主との業務委託契約です。雇用ではなく契約なので、契約通りに履行していれば違法にはなりませんし今後禁止になることもないでしょう。

共感した0

質問した人からのコメント

回答日
2022/07/05

その他の回答1件)

  • 自分で可笑しなこと言ってるのわかってる? まず、店と個人事業主との関係は雇用ではなく契約。歩合なんてないし。 例えば1時間の料金が3000円とする。これはあなたが客から受け取るもの。つまり売り上げ。 その中からあなたは店に対して家賃や備品の使用量、水道光熱費等を支払う。つまり支出。残った金額があなたの手取りとなるわけ。 この計算を店があなたの代わりにやっているだけで、個人事業主として契約したときに交わした契約書の中に盛り込まれているはず。家賃、備品使用量、水道光熱費として1人1時間3000円に対して1500円とするとか。この家賃等が不当に高いというのであれば代理人を立てて交渉するとか、訴訟を起こすとか。嫌なら自分で店出すこと。

    続きを読む
    共感した0

この質問と関連する質問

    他の質問を探す

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:労働条件、給与、残業

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    転職エージェント求人数ランキング

    おすすめの求人

    求人一覧を見る

    求人を探す

    スタンバイロゴ

    ※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:労働条件、給与、残業