このページの先頭ですこのページの本文へ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大10万円相当のPayPayボーナスがあたる! 会社の口コミ投稿キャンペーン!

しごとに関するお悩みなら 教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

国家一般職と国税専門官ってどちらが難しいですか??

ID非公開さん

国家一般職と国税専門官ってどちらが難しいですか??

質問日
2018/01/04
解決日
2018/01/18
回答数
2
閲覧数
3672
お礼
0
共感した
1

ベストアンサーに選ばれた回答

kahmdjpさん

両方受けた感想としては国家一般職のほうが難しかったです

回答日
2018/01/06
共感した
0

回答1

  • ほとんど同等レベルです。 筆記試験に関しては科目がほとんどかぶっていて、問題難易度も同じくらいなのでどちらかの筆記試験を目指して勉強すれば、両方対応できる力がつきます。 ただ、国家一般職に関しては最終合格後に官庁訪問があるため、一概にどちらが難しいと言えなくなります。 例えば警察庁や財務省に内定をもらうのと比較的多く採用する労働局や法務局に内定をもらうのでは難易度は異なります。(面接なので、採用担当者との相性もあるためなんとも言えないところではありますが) また、国税専門官試験においても最終合格後希望の国税局に配属されるかというところまで考えれば、また難易度も変わってくるところです。 さらに、国税専門官では筆記試験において専門記述が課され、国家一般職では教養論文ご課されるので、これもどちらが難しいかは一概には言えません。(どちらもそこまで採点は厳しくないけれど。ただ、専門記述を準備する方が対策には時間がかかると思われる) あくまで一次試験(筆記試験)二次試験(人事院面接)を突破する最終合格までの難易度であればほぼ同等ということです。 公務員試験は就職試験であり、大学受験のように偏差値で計れるようなものではないということはご承知おき頂ければと思います。

    回答日
    2018/01/06
    共感した
    2

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人探しは株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

転職エージェントを比較して探そう 総合求人数ランキングを見る
あなたの会社の口コミを書くだけ! 最大10万円相当PayPayボーナス※あたる! ハズレなし 最短5分 ※出金と譲渡はできません。PayPay公式ストアでも利用可能です。