教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

時短の正社員として働いています。 先日、労務に面談で呼ばれて、「実は時短の制度は決まったものはありませんでした、なので…

時短の正社員として働いています。 先日、労務に面談で呼ばれて、「実は時短の制度は決まったものはありませんでした、なので時短を廃止し今後認めません。時短の方は定時を戻すか契約社員かの二択で選んでください」といった主旨の話をされました。 ここで私が労務に指摘することはあるのでしょうか。 制度がなかったなら作る予定はないのか聞いたところ、NOでした。 契約社員は不安定かつ賞与がないため、生活のためにどうしても契約社員の選択はできません。 突然のことだったので混乱しています。 労働者の立場から、何か物申すことはできるのでしょうか。 皆さま、よろしくお願いいたします、

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

一般の正社員より短い勤務の正社員、と推測して回答します。 労働契約法8条は、「双方の合意により労働条件の変更ができる」としています。 会社が一方的に変更することはできません。 会社は、就業規則の規定を変更理由にしているようですが、就業規則に規定のない短時間雇用契約(正社員)を締結した時点で、個別の雇用契約が優先されます。 後で、就業規則になかったと言っても、いわゆる後出しジャンケンで認められません。 あなたが、契約変更に同意しない限り、現状維持となります。 ただし、個人でその主張を貫くことは困難とは思います。 個人加入の労働組合(ユニオン)に相談して、団体交渉で主張されるのが賢明かと思います。

共感した1

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

転職エージェントランキング

おすすめの求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問