このページの先頭ですこのページの本文へ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大10万円相当のPayPayボーナスがあたる! 会社の口コミ投稿キャンペーン!

しごとに関するお悩みなら 教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

下水道管工事の設計について。

ID非公開さん

下水道管工事の設計について。下水道工事設計初心者のものです。 現在、下水道管路設計を行なっているのですが、土被りが4mある箇所なので、推進工法にて考えていたのですが、基本設計で管径150となっており、管径150の推進で歩掛り対応している工法を調べたところ、泥土圧と圧入式しかありませんでした。 (泥土圧のとある工法は、実際には150に対応するマシンを持っているところがほとんどなく、実質対応していないとの回答でした。) また、土質はN値40あり、調べた限りだと圧入式だと厳しいのかと考えています。 こういった場合、管径200の推進工法にするか、歩掛りに対応していない工法で探すしかないでしょうか。 よろしくお願いします。

質問日
2020/11/19
解決日
2020/11/24
回答数
1
閲覧数
17
お礼
0
共感した
0

ベストアンサーに選ばれた回答

ID非公開さん

日本推進技術協会発刊の推進工法設計設計積算要領の適合条件を使って、φ150mm、φ200mmに適合し管種、推進延長、適応土質とも対応可能な方式を、高耐荷力方式、低耐荷力方式、鋼製さや管方式から全て洗い出し、それぞれについて標準歩掛にて積算し、その中で最も経済的な工法の選定となります。 最初からエクセルを組むと、かな~~~~~り大変です。 ただ、一度組んでしまえば使い回しが効きます。 今回は勉強も兼ねて、自力で積算するべきです。

回答日
2020/11/19
共感した
0

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人探しは株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

転職エージェントを比較して探そう 総合求人数ランキングを見る
あなたの会社の口コミを書くだけ! 最大10万円相当PayPayボーナス※あたる! ハズレなし 最短5分 ※出金と譲渡はできません。PayPay公式ストアでも利用可能です。