教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

精算表の問題で 土地の3分の1は売却済みであったが、売却代金¥180000を仮受金として計上しているだけであるため、適…

精算表の問題で 土地の3分の1は売却済みであったが、売却代金¥180000を仮受金として計上しているだけであるため、適切に修正する これの仕分けの仕方を教えてください試算表欄の土地の代金は借方に¥420000となっています

共感した0

ベストアンサー

〔仕訳〕 (借方) 仮受金 180,000 (貸方) 土地 140,000 固定資産売却益 40,000 試算表欄の借方に記載されている土地勘定の借方残高は取得原価を表しています。 売却時には、売却代金について仮受金勘定の貸方に記入したのみで土地勘定及び固定資産売却益勘定の貸方に記入が行われていないと考えることができるため、仮受金勘定から土地勘定及び固定資産売却益勘定に振り替える処理が必要になります。 なお、売却した土地の帳簿価額は140,000(=420,000×1/3)で、売却価額が180,000なので差額の40,000が固定資産売却益(または土地売却益)として処理されることになります。

共感した0

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

転職エージェントランキング

おすすめの求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問