教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

「教えて!しごとの先生」では、仕事に関する様々な悩みや疑問などの質問をキーワードやカテゴリから探すことができます。

Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しており、 質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

農地法の許可についての質問です。 買主が死亡した後に農地法の許可が出た場合、その許可は無効となる、というのは理解し…

農地法の許可についての質問です。 買主が死亡した後に農地法の許可が出た場合、その許可は無効となる、というのは理解しました。その後の流れについてですが、死者への許可書は無効なので新たに相続人が農地法の許可をとらなくてはならないとして、その後の農地の所有権移転は売主と相続人の"新たな"売買契約の結果としての移転ということになるのでしょうか? 一旦死者との契約は切れて、新しく相続人との契約、ということならば売主が相続人との売買を拒否することもありということですか? 教えていただきたいです。

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

土地売買契約も原則として契約の当事者にのみ有効なのであって、その立場を相続するものではありません。 ですので新たな農地転用許可は、改めて締結される売買契約に基づくものになります。 >売主が相続人との売買を拒否することもありということですか? 原則としてはその通りです。

共感した0

質問した人からのコメント

回答ありがとうございます。よくわかりました!

回答日
2022/05/17

その他の回答1件)

  • 契約は当事者同士の予約ですからやり直しだと考えます。 ですので拒否はあり得ると思います。 相続が通れば法定相続人以外の者への遺贈もあるわけですよね。

    共感した0
この質問と関連する質問

    他の質問を探す

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:資格

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    転職エージェント求人数ランキング

    おすすめの求人

    求人一覧を見る

    求人を探す

    スタンバイロゴ

    ※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:資格