教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

「教えて!しごとの先生」では、仕事に関する様々な悩みや疑問などの質問をキーワードやカテゴリから探すことができます。

Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しており、 質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 回答終了

ITの知識のついて

ITの知識のついて今就活で基幹業務系のアプリの開発販売を行なっているIT企業を受けているのですが、アプリの種類にオンプレミスとクラウド型があり、その二つの違いを理解するのが難しいです。自分なりに調べているのですが、誤認識しているところがありましたらアドバイスお願い致します。 オンプレミス 自社内(顧客の会社?)でサーバーや通信回線を運用する。メリットとしてはカスタムができる、 デメリットとしてはイニシャルコストがかかる クラウド型 インターネット環境とパソコンがあればすぐに使うことができる。初期費用がいらない。 デメリットとしてはカスタマイズ性が低い、セキュリティ面の不安 今選考が進んでいる会社は、 中期計画として全てのソフトをサブスクにすることを目標としているのですが、サブスク=クラウド型に切り替えるという認識で合っていますでしょうか? サブスクのメリットは月額制であるため収入の見込みが立つということ以外にありますか?

続きを読む
共感した0

ID非公開さん

回答1件)

  • 基本的な認識はあっていると思います。 ただし、オンプレも、現実的には、データセンターの区画を借りて、サーバーやネットワーク機器もリースまたはレンタルして設置することが多いです。「自社内」で運用するケースはほとんどありません。 クラウドは、セキュリティー面で不利ということはありません。クラウドとオンプレでセキュアな環境を構築するためのスキルが異なるというだけです。 オンプレとクラウドの違いは、物理サーバーやネットワーク機器を自社の管理下に置くか置かないかの違いですね。 サブスク=クラウド型というのは正確ではないです。使用料を月払い(または年払い)する契約の方式がサブスクです。製品自体は、今までどおり顧客の環境にインストールして使うけれど、料金は月払いという製品も少なくないです。(例: Redhat Enterprise Linux、Adobe CC、Office 365) もちろん、Salesforceのように、SaaS型で提供されるアプリケーションも多いです。ただし、そのサービスはクラウドで運用されるとは限りません。特に国内ベンダーでは、そのベンダーの保有するインフラ(つまりオンプレ)で運用されることも多いです。

    続きを読む
    共感した0
この質問と関連する質問

    他の質問を探す

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:就職活動

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    転職エージェント求人数ランキング

    おすすめの求人

    求人一覧を見る

    求人を探す

    スタンバイロゴ

    ※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:就職活動