高砂熱学工業株式会社

設備工事

(業界平均総合評価:3.0)

※ 企業のタグは投稿されたクチコミを元に付与されています。

クチコミを書く
簡単フォローで、企業の最新情報を見逃さない!

高砂熱学工業株式会社をフォローすると
企業マッチング開始時
あなたに直接お知らせが届く!

マイページの配信設定内の「フォロー中企業の新着情報」の設定をオンにしてお使いください

高砂熱学工業株式会社をフォローしました
あなたの職務経歴を登録しませんか?

職務経歴を登録すると、
企業への登録が可能になります。

企業の最新情報をメールでお知らせ!

こちらの企業もフォローしませんか?

Q&A一覧へ戻る

  • 回答終了

サブコンの年収について

サブコンの年収について電気設備系の大手(きんんでん、関電工、九電工など)と、空調設備系の大手(高砂熱学、ダイダン、新菱冷熱工業など)を比べると、空調系のサブコンの方が平均年収が高い傾向にあるように感じます。 なぜでしょうか?

共感した0

回答2件)

  • 機器の取扱量ではないでしょうか。 電気であれば受電設備から各動力分電盤や電灯盤、末端は照明や火報などになります。 ただし大容量の機器についてはサブコンの機器、又は施主が手配した生産設備などへ送電するところまでです。 それに比べて空調系については室外機、室内機はもちろんですが、室内機からでる冷媒配管、ダクトなどの工事費+設備費があり、比重的に設備が締める割合が高い傾向にあります。 高砂や新菱など独自の空調技術、製品もありますし、オーダーメイドで外注に出すこともあります。 大手の電工会社も特許など持っておりますが、受電・送電技術については確立されており、持っている特許については末端の通信技術などだと思います。 そういったところで費用の違いから給与の違いに繋がっているのではないでしょうか。 個人的に働く立場から見ると、深夜作業も多い電気工事業が大変に思えますけどね。

    続きを読む
    共感した0
  • 現業職はそんなに差がない。 事務方の年収が良いのかも知れない。

    共感した0

企業のギモンをYahoo!知恵袋で解決しませんか?

質問したい企業名を入力して質問してください

※Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です

高砂熱学工業株式会社の会社概要

高砂熱学工業株式会社の求人を探す

求人一覧を見る

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

あの大手企業
マッチする職種
提案してもらいませんか?

あの大手企業から直接オファーがあるかも!?

あなたの経験・プロフィールを企業に直接登録してみよう

企業マッチング登録可能な企業

※求人情報の紹介、企業からの連絡が確約されているわけではありません。

高砂熱学工業株式会社の会社概要

企業を探す

関連企業

高砂熱学工業株式会社と似た企業の求人を探す

業種:

勤務地:

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

転職エージェント比較

誰かの知りたいに答える!
あなたの職場のクチコミ投稿

投稿する

あなたの知りたいがわかる!
Yahoo!知恵袋で疑問・悩みを解決

質問する
※Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です