芸術・写真・イラスト系

キュレーター

キュレーター

キュレーターってどんな仕事?

展覧会の企画が主な仕事だが、開催までのすべてを取り仕切ることも。大きく分けると、美術館や博物館に学芸員として所属する場合とフリーランスの2通りがある(学芸員は資格職)。

フリーの場合も、まずは展覧会やイベントの企画会社や企業の文化事業部などで経験を積むのが一般的。芸術に関する知識だけではなく、美術品を借りる交渉をしたりフリーの場合は主催する企業や美術館に企画を持ち込むので、語学力や企画力なども必要とされる。また作家を説得したり企画の資金を調達するときに、交渉能力を求められる。

※一部古い情報が含まれている可能性があります。

キュレーターに関するみんなの質問

質問をもっと見る

人気の質問をチェック

キュレーター関連の求人

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

おすすめの社員クチコミを見てみよう

他の企業のクチコミを探す

求人選びに迷ったら転職エージェントに相談

転職エージェントは、無料で転職について相談できるキャリアアドバイザーです。
初めての転職に不安を抱えている人や、効率良く転職活動を進めたい方におすすめです。

関連記事・コンテンツ

転職エージェント求人数ランキング

転職エージェントの比較を見る