芸術・写真・イラスト系

カメラマン

カメラマン

カメラマンってどんな仕事?

カメラマン(フォトグラファー)は顧客の注文に応じて指定された被写体をカメラで撮影し、その写真を提供する仕事。

新聞・スポーツ雑誌などに載せる現場写真を撮影する報道カメラマン、広告のイメージ写真や雑誌のグラビアなどを撮影するカメラマン、工業製品や食品、芸術作品など静止した物体を撮影するカメラマン、風景や建築物を撮影するカメラマンなど、カメラマンの多くは自分の得意分野を持っており、その分野に特化された技術を持っている人ほど重宝される傾向がある。

いずれの分野にせよ、カメラマンの世界には資格というものが存在しない。ただ自分の才能と実力だけが頼りという仕事である。カメラマンになるための決まった方法というのはないが、著名なカメラマンのアシスタントになったり、大学や短大の写真科、写真専門の専門学校などで学ぶ、などの道がある。カメラマンとして有名になれば写真集を出したりするも可能。

※一部古い情報が含まれている可能性があります。

カメラマンに関するみんなの質問

質問をもっと見る

人気の質問をチェック

カメラマン関連の求人

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

おすすめの社員クチコミを見てみよう

他の企業のクチコミを探す

求人選びに迷ったら転職エージェントに相談

転職エージェントは、無料で転職について相談できるキャリアアドバイザーです。
初めての転職に不安を抱えている人や、効率良く転職活動を進めたい方におすすめです。

関連記事・コンテンツ

転職エージェント求人数ランキング

転職エージェントの比較を見る