保育・教育系

保育士

保育士

保育士ってどんな仕事?

保育所で、乳児から小学校就学までの幼児を保育する。保母、保父の総称。厚生労働大臣の指定する、保育士を養成する学校、施設で一定の科目を修得し卒業するか、都道府県知事の行う保育士試験に合格することが必要。

その後、都道府県の保育士登録簿に登録し、はじめて保育士として働くことができる。保育士の基本的な役割は家庭養育の不足を支援、補完することであり、保護者である親と子の関係が円滑で愛情のあるものになるよう手助けすることである。それには保育士自身も親子との信頼関係を築けることが重要で、明るく、人間性豊かな保育士であることが求められる。

現在、地域の子育ての中核を担う専門職として保育士の重要性が高まっており、児童福祉法の一部が改正されるなど、保育士を取り巻く環境は変わりつつある。

※一部古い情報が含まれている可能性があります。

保育士に関するみんなの質問

質問をもっと見る

人気の質問をチェック

保育士関連の求人

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

おすすめの社員クチコミを見てみよう

他の企業のクチコミを探す

求人選びに迷ったら転職エージェントに相談

転職エージェントは、無料で転職について相談できるキャリアアドバイザーです。
初めての転職に不安を抱えている人や、効率良く転職活動を進めたい方におすすめです。

関連記事・コンテンツ

転職エージェント求人数ランキング

転職エージェントの比較を見る