福祉系

精神医学ソーシャルワーカー

精神医学ソーシャルワーカー

精神医学ソーシャルワーカーってどんな仕事?

現在は1997年に精神保健福祉士法で創設された国家資格、精神保健福祉士の名で呼ばれている。仕事内容は、精神障害者を対象に、患者の自己決定権を侵害せずに、地域の関係機関と連携してさまざまな問題を解決する。

具体的には、治療上の問題解決や社会復帰のための助言や指導、日常生活のための訓練を行う。精神科や心療内科の病院などが主な働き場所だ。精神保健福祉士の資格は、保健福祉系の大学で勉強して国家試験を受けて取得するのが一般的。精神科医学の発達にともない、患者の社会復帰に関わるこの職業は、今後の需要が見込まれる。

※一部古い情報が含まれている可能性があります。

精神医学ソーシャルワーカーに関するみんなの質問

質問をもっと見る

人気の質問をチェック

精神医学ソーシャルワーカー関連の求人

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

おすすめの社員クチコミを見てみよう

他の企業のクチコミを探す

求人選びに迷ったら転職エージェントに相談

転職エージェントは、無料で転職について相談できるキャリアアドバイザーです。
初めての転職に不安を抱えている人や、効率良く転職活動を進めたい方におすすめです。

関連記事・コンテンツ

転職エージェント求人数ランキング

転職エージェントの比較を見る