教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

英語が話せる&勉強してるけど、何の役にも立っていません...。

英語が話せる&勉強してるけど、何の役にも立っていません...。ーーーーー次は英検1級とろうかなくらいのレベルなのですが、海外に行くわけでも、外人と話すのが好きなわけでもまたったくなく、能力の持ち腐れをしています...。 仕事でも使わないし、そもそも資格を取るのにもモチベーションがないし、必要性がないのでいつか使えるかもともならないし、人に教えるのも苦だし、もうやめてしまってもいいのかなぁと思いますがでもなんかもったいないなぁと思ってしまいます。

続きを読む
共感した1

ベストアンサー

英語であれ何であれ、技能は何らかの用途に用いる必要性があるから学ぶものです。英語を学ぶことが楽しく英語学習自体が趣味として目的化しているならまた話は別ですが、そうでなければ必要ないものは必要ありません。 「せっかく身につけた技能だから生かさないともったいない」という心情は理解できます。しかし、それにより行動が制限されるのであれば本末転倒です。これは持って生まれた才能でも同様です。例えば生まれつき体格に優れ運動神経が良い子は、周りから何らかのスポーツ選手になることを勧められるでしょう。自分が得意なものをやって褒められれば誰しも悪い気はしないので、多くの場合、流されるまま始めて継続することになるでしょうが、もしその子に他にやりたいことがあったなら、例えば勉強が好きで将来は医者になりたかったとしたら、天賦の才も逆に足枷となりかねません。 「自分がやりたいこと」と「自分が向いていること」が一致していて、子供の頃に夢見た職業について生活の糧にしている人は世の中そう多くはいません。その一方で、ただ食べていくためだけに嫌な仕事に就いて働くような逆の極端もそう多くはありません。多くの人は、自分がある程度適性がある、そして(第一希望ではないにしろ)ある程度のやりがいも感じられる、仕事に就いていると思われます。 翻ってkkk********さんの場合、まず考慮すべきは、英語学習をどうこうする以前に、自分が将来どのような方面で活動していきたいのか、その目標ではないでしょうか。さすがに今からプロサッカー選手や芸能人になりたいというよう突拍子もない夢は持ってはおられないとは思いますが、何らかの実現可能な範囲にある目標があるのであれば、それを踏まえて、その目標達成において英語技能がどの程度必要になり、その学習にどの程度の時間と労力を割けばいいのか、を考えれば良いでしょう。

共感した1

質問した人からのコメント

難解な単語以外はもんだいないので少しずつ楽しんでやろうとおもいます。基本英語で思考してるので、廃れたりはしないとは思います。

回答日
2021/10/27

その他の回答4件)

  • 英語ができるだけでは投稿者様がおっしゃる通り、役に立たないので、活用するにはどうしても英語+何らかの方向性が必要になってきますよね。 英語+教える、英語+ITスキルで英語圏での就職など。 英語の能力を持ってるだけでどこからか利益が発生するなんてことはさすがにないので、何かしら見つからなければ、腐らせる他ないですね。。 見つからないうちは、面倒でもMeet Upなどで英語話者とコミュニケーションをとれる場に出向いてみてはどうですか?色々考えたけど何もやる気が起こるものが見つからないという状態だとお察しますので、何事も人とのコミュニケーションが基本ですから、なーんにも見つからんってときは静かに根を張るようなこととして、外国人の友人を作ってみたりしてみるしかないかなぁと思います。それか、ランサーズなどの個人向けに仕事をお願いしているサイトなどで簡単な記事の作成などをやってみるとか。何か見つかればいいですね。

    続きを読む
    共感した0
  • 能力の持ち腐れ、、 何の役にも立っていません...。 腐らないんじゃない? 役立たせる生き方もないんなら今のままでいいのではないでしょうか。

    続きを読む
    共感した3
  • 生かせないなら、やめた方がいい。時間の無駄です。

    共感した1

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

転職エージェント求人数ランキング

おすすめの求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問