教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:労働基準法
  • 解決済み

労働問題(パワハラ系)についてご相談したいです。 私はとある大企業の地域会社で働いてる者です。 今在籍してる係が…

労働問題(パワハラ系)についてご相談したいです。 私はとある大企業の地域会社で働いてる者です。 今在籍してる係が、私だけの1名または、私を含めて2名で勤務する体制となっております。そんな最少人数で回してる部署となっております。 パソコンなどのデスクワークだけの部署なら上記の人数で問題ないと思われますが、主業務が荷物運搬という肉体労働の方です。 相談内容といたしましては、上記肉体労働を出勤人数に関係なく、私一人でこなしてたため、 体を壊してしまいました…。 ※1:病名は潰瘍性大腸炎です ※2:弊社の嘱託産業医、人事部長、人事部労務課長、保健師、直属の上司(課長)、係の相方さんの関係者全員が私が体を壊したことを把握しており、診断書を提出いたしております。 診断書提出時点で、上記主業務を私一人でやる体制になっており、この勤務体制だと、潰瘍性大腸炎の悪化リスクが高まるので、秋の異動にて、人数の増員か配置転換等の人事配置に関する配慮を依頼しましたが、現在も未実施の状態です。さらに、相方さんは仕事したくないって態度に表す方なので、困っています。 どこに相談すればいいでしょうか? 所轄の労働基準監督署によりますと、安全衛生法において、主治医からのご意見については、病気の自宅療養(傷病手当金)の要請以外は、従いなさいっていう条文がないため、会社側が無視をしても法律上問題ないとなってしまうため、労基署は見て見ぬ振りをするそうです。 弁護士に依頼しようとしたのですが、労働系弁護士の半数以上が残業代の請求で、解雇とかのことを扱える弁護士さんの殆どは、会社側が診断書に記載されている配慮事項を無視し、それが原因で潰瘍性大腸炎が悪化して、さらに、寝たきりなど弊社にて働けないという医学的判定が出てから労働審判を起こすしか取り扱わないと断られている現状でございます。 私のご希望としては、今年の春の異動にて ①:主治医・家族・私にて就業を継続することに同意済みのため、休職はしない。 ②:私は現在の係に残留して、一部業務のデジタル化に取り組む ③:相方さんについては、仕事をしないと態度に表す方なので、異動を要請したい。 ④:相方さんが出ていく、出ていかないに関わらず3人体制となるよう増員をお願いしたい。 以上でございます。 ご教授願えますと助かります。

続きを読む
共感した0

ベストアンサー

会社側の人間です。 一般に健康を害した場合は、主治医と病気休暇、病気休職を付与します。ここで「仕事を変えれば休職不要」という判断はあまりなく(怪我などでなく大腸炎ですし)あくまでも療養して全快が前提です。ただし、軽減勤務(勤務時間短縮)はあります。 また、休職しても給与の何割かは保険から支払われるはずです。 ハラスメント案件であれば、双方から聞き取りの上、加害者側の処分、降格などを実施します。 この両者が混ざっているように思います。 ご主張は他人の人事や業務に及び、主張するのは全く構いませんが、私なら踏み込みすぎと判断します。 大企業であれば、地域会社にとどまらず企業グループ全体のコンプライアンス窓口があると思います。地域会社を飛び越してここに訴えるのが尤も効果的です。 正しご主張が全て通るとも思えません。

共感した0

質問した人からのコメント

回答日
2022/05/29

その他の回答1件)

この質問と関連する質問

    他の質問を探す

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:労働問題

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    転職エージェント求人数ランキング

    おすすめの求人

    求人一覧を見る

    求人を探す

    スタンバイロゴ

    ※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:労働問題