教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

「教えて!しごとの先生」では、仕事に関する様々な悩みや疑問などの質問をキーワードやカテゴリから探すことができます。

Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しており、 質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

外資系航空会社への就職を目指しています。 英語のスピーキングを強化したく、わかりやすい目標が欲しいです。

外資系航空会社への就職を目指しています。 英語のスピーキングを強化したく、わかりやすい目標が欲しいです。TOEICのスピーキングや、TOCFL、IELTS、英検などいろいろな試験がありますが、外資企業への就活にあたって、おすすめのテストや目指すべきスコアをがあれば提案していただきたいです。

続きを読む
共感した0

ID非公開さん

ベストアンサー

TOEFL ibt の対策とかはどうでしょうか? TOEFLは、IELTSと似ていてReading, Listening, Writing, Speakingの4つのセクションに分けられていてそれぞれ30点満点でスコアがでます。 IELTSとTOEFLの違いは、 ・IELTSは筆記試験、TOEFL ibtは全てパソコンで行う ・スピーキングセクションでIELTSは面接官がいて人との会話になるが、TOEFL ibtは一人でひたすら話していく ・採点がIELTSはバンドスコアがあり、総合スコアが4セクションの平均をとるので比較的目標スコアに達成しやすい。一方でTOEFL ibtはトータルスコア120点の1点刻みなので本当の自身の英語力がどれくらいかがわかる ・IELTSは音声を聞きながら問題を解くが、TOEFL ibtは音声を聞いてから、問題を初めて見るのでリスニング力アップの他に、ノートテイキングのスキルが伸びる。 やはり外資系航空会社となるとスピーキング力はかなり重要ですし、面接も英語の企業がほとんどです。なのでインプットに比重が多い英検やTOEICよりかはIELTSや特にTOEFLの方が断然力になると思います。 TOEFLは100点以上で超名門海外大学の入学スコアと同じくらいなので英語力で困ることはほとんどないですね。 スピーキング対策などをしたい場合は、オンライン英会話などで一時的に伸ばすのもありかなと思います! https://jp.amazingtalker.com https://jp.amazingtalker.com/tutors/english

共感した0

質問した人からのコメント

みなさんありがとうございました。 細かな特徴や、それによる効果が大変よくわかりましたのでベストアンサーとさせていただきました。 まさにインプットばかりの学習に行き詰まりを感じていましたので、参考にします!!

回答日
2022/05/25

その他の回答3件)

  • 航空会社のお仕事探しIndeed見るとどこも求めているのはTOEICですよ。Indeedは主に派遣社員のサイトですけど、正社員も同じだと思います。

    共感した0
  • 外資系といっても、求められる条件は航空会社次第になります。 こちらのサイトをご覧ください。 http://www.stwds.com/ 採用条件をまとめてくれています。 http://www.stwds.com/cadet/air.html 外資系は、日本のような新卒採用がなく、契約社員採用が多いのでご注意ください。

    続きを読む
    共感した1
  • TOEIC900以上 英検1級

    共感した0
この質問と関連する質問

    他の質問を探す

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:就職活動

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    転職エージェント求人数ランキング

    おすすめの求人

    求人一覧を見る

    求人を探す

    スタンバイロゴ

    ※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:就職活動