教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

簿記2級 工業簿記について

簿記2級 工業簿記について組別総合原価計算をやっていてこんがらがっているのですが、問題中で 当月製造費用xxx円 当月実際機械作業時間A製品◯h、B製品○h と与えられている問題が2つあります。 解答を見ると 1つは 加工費配賦率=当月製造費用÷(A製品◯h+B製品◯h) もう1つは 製造間接費実際配賦率=当月製造費用÷(A製品◯h+B製品◯h) とどちらも同じ式ですが率の名前?が違います。 つまり 加工費配賦率=製造間接費実際配賦率 という理解でいいのでしょうか?

続きを読む
共感した1

ID非公開さん

ベストアンサー

2級工業簿記の総合原価計算では 直接材料費以外はすべて加工費としています。 つまり加工費は (1)直接労務費 (2)間接材料費 (3)間接労務費 (4)間接経費 のことです。 うち製造間接費は (2)間接材料費 (3)間接労務費 (4)間接経費 になります。 だから細かくいうなら 加工費と言うと直接労務費が含まれる。 製造間接費というと直接労務費含まれない。 さりに説明を加えると 組別総合原価計算は (1)異種製品(2種類以上の製品)を (2)大量生産している形態で使われます 組別(2種類以上)なので原価計算を (a)直接材料費と加工費という区別のほかに (b)組直接費と組間接費という区別もします。 そのため日商2級の組別総合原価計算の問題では 「直接材料費は組直接費、加工費は組間接費として処理している。組間接費は各組製品の加工時間を基準として配賦している」 という分かり易い但し書きの言葉が加えてあるのがふつうです。 組直接費は各製品に直接賦課。 組間接費は適切な配賦基準により 各組(各製品)に配賦いたします。

共感した0

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

転職エージェントランキング

おすすめの簿記求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問