このページの先頭ですこのページの本文へ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大30万円相当が当たる! 職場のエピソードを書いてキャンペーンに参加しよう

教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

労働基準法では、労働時間について、「使用者は労働者に、休憩時間を除き、1週間について、40時間を超えて労働させてはならな…

労働基準法では、労働時間について、「使用者は労働者に、休憩時間を除き、1週間について、40時間を超えて労働させてはならない」「1日について、8時間を超えて労働させてはならない」と規定しています(32条)。つまり、「1日8時間以内」「1週間40時間以内」が労働時間であり、この労働時間を超えた分は残業となります。この時間を超えて労働しているにもかかわらず、労働者が残業代を受け取っていない状態を、労働者が使用者にサービスで残業しているとして、「サービス残業」と呼称しています。 とありますが、 所定労働時間が7時間であれば、7時間を超えた分は残業となりますか? それとも、就業規則がどんなものであっても8時間を超えないと残業になりませんか? http://asunaro-law-nagoya.jp/column/c/roudou_151202a.html

質問日
2021/04/12
解決日
2021/04/19
回答数
1
閲覧数
29
お礼
50
共感した
0

ベストアンサーに選ばれた回答

「残業」とは俗称であり、法的な定義はありません。 社会通念上は、契約上の労働時間を超えて働くことを「残業」といいます。つまり、「所定労働時間が7時間であれば、7時間を超えた分は残業となりますか?」は、ご認識の通りです。 割増賃金(労働基準法第37条)とは、別の話です。

回答日
2021/04/12
共感した
0

質問した人からのコメント

ありがとうございました!参考になりました。

回答日
2021/04/19

仕事に関する悩みや疑問を質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

残業なし の求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

転職エージェントを比較して探そう
職場や仕事にまつわるエピソードを書いて最大30万円相当のPayPayボーナスを当てよう!