教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

キーワード:資格
  • 解決済み

危険物取扱者乙4があるのに丙種を設ける理由はなんですか?

危険物取扱者乙4があるのに丙種を設ける理由はなんですか?同じような質問ばかりですみません

共感した0

ID非公開さん

ベストアンサー

丙種危険物取扱者は ・無資格者取扱いの立会ができない。 ・危険物保安監督者に選任できない。 ・取扱いが、ガソリン、灯油、軽油、第三石油類(重油、潤滑油及び引火点百三十度以上のものに限る。)、第四石油類及び動植物油類に限定される。 などの制限があります。 ではなぜ丙種が設けられたかというと、平成元年3月31日までは受験資格に、 ・甲種は学歴+6ヶ月以上の製造所等での危険物取扱の実務経験 もしくは乙種免状取得後2年以上の製造所等での危険物取扱の実務経験 ・乙種は6ヶ月以上の製造所等での危険物取扱の実務経験 があったからです。丙種には受験資格がなく誰でも受験できました。 平成元年4月1日から受験資格が改正され、甲種の学歴と乙種から実務経験がなくなり、乙種は誰でも受験できるようになりました。 よって、平成元年3月31日までは、無資格者が危険物を取扱うには、 ・危険物取扱者が立会う。6ヶ月以上実務経験を得て乙種免状を取得する、 ・ガソリンなどは丙種免状を取得する。 しか方法がなかったのです。

共感した1

その他の回答1件)

他の質問を探す

答えが見つからない場合は、質問してみよう!

Yahoo!知恵袋で質問をする

※Yahoo! JAPAN IDが必要です

転職エージェント求人数ランキング

おすすめの求人

求人一覧を見る

求人を探す

スタンバイロゴ

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

よく見られている質問