教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生

教えて!しごとの先生とは

専門家(しごとの先生)が無料で仕事に関する質問・相談に答えてくれるサービスです。Yahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。 専門家以外の回答者は非表示にしています。

質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えますが、ご利用の際には利用登録が必要です。

  • 解決済み

大学の講義にて損益分岐点売上の販売数量に関して、問題が出題されましたが、どうしてもこの問題が分かりません。どなたか分かる…

大学の講義にて損益分岐点売上の販売数量に関して、問題が出題されましたが、どうしてもこの問題が分かりません。どなたか分かる人いましたら教えていただけたら幸いです。

共感した0

ベストアンサー

CVP分析の問題ですね。 当方の解き方はあまり効率的ではないかもしれませんが、その点はご容赦ください。 うまい人はもっと効率的な解き方を知っています。 a. 1個あたりの貢献利益および貢献利益率を算出する 売価 @7.5 変動費 @2.25 貢献利益 @5.25 貢献利益率 @5.25 ÷ @7.5 = 0.7 b. 損益分岐点売上個数から、固定費を求める 「(貢献利益 × 損益分岐点売上個数) - 固定費 = 0」が損益分岐点売上高なので、 (5.25 × 20,000) - X = 0 X = 105,000 c. 税金を考慮した昨年の利益を達成する販売量を求める (5.25X - 105,000) × 0.6※ = 5,040 X = 21,600 ※税引前利益の40%に税金をかけているため、残った金額は(1 - 0.4)です。 d. 条件を変更した貢献利益および貢献利益率、固定費を算出する 売価 @9 変動費 @2.25 + (2.25 × 1/3) = @3 貢献利益 @6 貢献利益率 @6 ÷ @9 = 2/3(割り切れないので分数) 固定費 105,000 × 110% = 115,500 e. 今期と同じ税引後利益を達成するための販売量を求める (6X - 115,500) × 0.6 = 5,040 X = 20,650 税率40%は、はじめの条件にも掛かっているものとして計算しています。 間違っていたら、すみません。

共感した1

ID非公開さん

質問した人からのコメント

回答日
2022/05/21
この質問と関連する質問

    他の質問を探す

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:簿記

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    転職エージェント求人数ランキング

    おすすめの求人

    求人一覧を見る

    求人を探す

    スタンバイロゴ

    ※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    Q&A閲覧数ランキング

    ジャンル:簿記