医療・看護・歯科・薬系

臨床工学技士

臨床工学技士

臨床工学技士ってどんな仕事?

臨床工学技士は医療の現場で、人工透析装置、人工心肺装置、人工呼吸器などの医療機器を用いることができるが、これらの医療機器の操作および保守・点検を医師の指示の下に行う。

これらの装置は、しばしば患者の生命を維持するために用いられるため、患者の生命を預かる重要な仕事で、臨床工学技士には医学的知識はもちろん、高い工学知識や技能も必須である。臨床工学技士になるためには国家資格の取得が必要だ。

※一部古い情報が含まれている可能性があります。

就業するには?

臨床工学技士国家試験に合格し、厚生労働省医政局医事課試験免許室に申請することによって臨床工学技士名簿に登録が行われ、厚生労働大臣による免許が発行される。受験資格を得るためには、高校卒業後、臨床工学技士養成校で専門教育を3年間受けるほか、医療系(医師、看護師、その他の医療技術職)の学校や医用工学系の大学で必要な専門科目を履修したうえで1~2年の短期コースを修了するか、大学で指定科目を修了して卒業することでも受験資格が得られる。

また、国家資格を取得した臨床工学技士に対し、関連学会が独自に行っている透析技術認定士、体外循環技術認定士などの学会認定資格制度もある。
これは臨床工学技士がより高度で専門性の高い業務に従事できるための能力の向上と、よりよい医療サービスを目指したものである。生命にかかわる仕事であるため、異常事態が起きた時、冷静沈着な対応が要求される。絶えず慎重に仕事を行い、細心の注意を払うことが必要である。

労働条件の特徴

多くは人工透析を行う総合病院やクリニックに勤務している。人工心肺装置が必要な分野や人工呼吸器や麻酔機を扱う手術室・ICU(集中治療室)分野などでも働いている。そのほか、機器の保守管理を専門に行う人や、医療機器メーカーに勤めている人もいる。
地域的には、全国各地域で就業しているが、高度医療を担う大きな病院があるところに多く集まっている。男女比では男性が大半であるが、女性が増えつつある。

勤務体制は、緊急手術や人工透析などに対応するため、交替制で夜間・休日の勤務をすることもある。特に人工透析の場合は、仕事など社会活動を行っている患者のために夕方5時以降も透析できる施設もあり、昼間と夜間のシフト制を採用している場合もある。
人工透析の技術者の需要は、慢性腎疾患への治療の普及とともに増加してきた。今後も、各種の生命維持管理装置の開発に伴って高度の医療を求める患者が増加し、また、機器の高度化とともに、安全管理・信頼性管理も更に重要な業務となる。

統計データ

  • 就業者数

    154,170

    (出典:平成27年国勢調査)

  • 労働時間

    162時間

    (出典:令和3年賃金構造基本統計調査)

  • 賃金(年収)

    423.4万円

    (出典:令和3年賃金構造基本統計調査)

  • 年齢

    37.7

    (出典:令和3年賃金構造基本統計調査)

  • 求人賃金(月額)※1

    24万円

    (令和3年度)

  • 有効求人倍率※2

    1.26

    (令和3年度)

  • ※1 ハローワークの無期フルタイム求人の賃金欄の中間値の平均(実数値)
  • ※2 ハローワークの「無期又は4ヶ月以上の雇用期間のあるフルタイム」の求人数を同条件を希望する求職者数で除したもの(実数値)

臨床工学技士に関するみんなの質問

質問をもっと見る

人気の質問をチェック

臨床工学技士関連の求人

求人をもっと見る

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

おすすめの社員クチコミを見てみよう

他の企業のクチコミを探す

求人選びに迷ったら転職エージェントに相談

転職エージェントは、無料で転職について相談できるキャリアアドバイザーです。
初めての転職に不安を抱えている人や、効率良く転職活動を進めたい方におすすめです。

関連記事・コンテンツ

転職エージェント求人数ランキング

転職エージェントの比較を見る