医療・看護・歯科・薬系

臨床検査技師

臨床検査技師

臨床検査技師ってどんな仕事?

医療機関において、医師の指示に従い様々な検査業務を行う専門家を臨床検査技師という。検査方法は大きく2つに分けられる。

ひとつは、生体の一部(血液・髄液・組織など)や排泄物(尿・便・喀痰など)を検査する「検体検査」。もうひとつが、心電図や超音波(エコー)検査など、直接患者に対して行う「生理検査」である。

臨床検査技師とは、こうした業務を行う技術があると国家資格によって認められた者。病気の診断や治療の現場で重要な役割を担っている。 医師の有資格者も、臨床検査を行える。ただし、レントゲン撮影やCT検査など一部の検査は、診療放射線技師の資格を取らなければ行えない。

※一部古い情報が含まれている可能性があります。

就業するには?

臨床検査技師国家試験に合格して免許を取る必要がある。
国家試験は年1回行われ、臨床検査技師養成所(大学・短大・専門学校)を卒業した者、大学の獣医学部、薬学部で厚生労働大臣の指定する科目を修めた者、大学の医学部、歯学部を卒業した者が受験できる。

免許取得後、新規採用の場合は、学校のあっ旋で就職することが多く、転職の際には、就職情報サイトなどのほか、日本臨床衛生検査技師会が行っている無料職業紹介所や出身学校の紹介、学会誌などの求人広告を介して再就職する。

臨床検査技師は、血液の採取や生理学的検査では直接患者と接する医療行為を担当し、また、患者の生命にかかわる正確さを要求される作業に携わることから、検査を行う際の慎重さ、冷静な判断力、責任感と忍耐力が必要である。医療の高度化、成人病予防検診の普及などによる臨床検査の量や種類の増大、扱う検査機器の高度化、多様化が進む中、常に知識、技術の修得、研鑽が求められる。
基礎医学の知識にはじまり、機器の扱い、統計的知識も重要となる。

労働条件の特徴

臨床検査技師の多くは、病院や診療所、臨床検査センターなどに勤務している。臨床検査センターでは、1日の中で検査・分析の仕事の占める割合がほとんどだが、病院や診療所では、患者への検査対応、検査スケジュールのミーティング、医師・看護師への検査結果の報告、臨床検査センターへの注文等検査・分析以外の仕事も多い。また、医学・衛生関係研究機関、製薬会社、保健所などで働いている人もいる。
就業者は女性の占める割合が高い。

勤務時間は、一般的には日勤であるが、検査技術の専門化と医療機関の緊急検査等に備えた休日・夜間待機体制の普及により、休日出勤や夜間当直のある職場もある。
臨床検査の作業は、ほとんど1日中座ったまま患者や機器、検査材料に向かって仕事をする。検査材料や薬品の管理にも注意する必要がある。

統計データ

  • 就業者数

    76,480

    (出典:平成27年国勢調査)

  • 労働時間

    161時間

    (出典:令和3年賃金構造基本統計調査)

  • 賃金(年収)

    496.5万円

    (出典:令和3年賃金構造基本統計調査)

  • 年齢

    41.6

    (出典:令和3年賃金構造基本統計調査)

  • 求人賃金(月額)※1

    23.6万円

    (令和3年度)

  • 有効求人倍率※2

    1.29

    (令和3年度)

  • ※1 ハローワークの無期フルタイム求人の賃金欄の中間値の平均(実数値)
  • ※2 ハローワークの「無期又は4ヶ月以上の雇用期間のあるフルタイム」の求人数を同条件を希望する求職者数で除したもの(実数値)

臨床検査技師に関するみんなの質問

質問をもっと見る

人気の質問をチェック

臨床検査技師関連の求人

求人をもっと見る

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

おすすめの社員クチコミを見てみよう

他の企業のクチコミを探す

求人選びに迷ったら転職エージェントに相談

転職エージェントは、無料で転職について相談できるキャリアアドバイザーです。
初めての転職に不安を抱えている人や、効率良く転職活動を進めたい方におすすめです。

関連記事・コンテンツ

転職エージェント求人数ランキング

転職エージェントの比較を見る