医療・看護・歯科・薬系

治験コーディネーター

治験コーディネーター

治験コーディネーターってどんな仕事?

治験とは、開発中の薬の安全性や効果を確認するために、患者や健康な人の協力を得て行う臨床試験のこと。治験コーディネーターは、病院などの医療機関で実施される治験がスムーズに進むよう、製薬会社、医療機関、治験協力者のパイプ役となってさまざまなサポートを行う。

治験に協力してくれる患者などに対しては、まずインフォームドコンセント(正しい情報を得た上での同意)の理念に従ってメリットとデメリット(副作用など)についてきちんと説明し、同意を得る。体調の観察や精神的なケア、服薬・通院のスケジュール管理も大切な仕事だ。

さらに、治験に携わる医療チームメンバーの調整を行い、治験データの収集管理、症例報告書作成なども手がける。医師や新薬開発担当者との打ち合わせもあるので、専門的な知識は必要だが、治験コーディネーターの業務はあくまでも医学的な判断には関わらないのが原則。最も重要なのは、治験に協力する人に安心感を与えるコミュニケーション能力だ。治験協力者の不安や心理的負担を軽減し、治験をスムーズに終了させることで、新薬開発に貢献する仕事である。

※一部古い情報が含まれている可能性があります。

治験コーディネーターに関するみんなの質問

質問をもっと見る

人気の質問をチェック

治験コーディネーター関連の求人

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

おすすめの社員クチコミを見てみよう

他の企業のクチコミを探す

求人選びに迷ったら転職エージェントに相談

転職エージェントは、無料で転職について相談できるキャリアアドバイザーです。
初めての転職に不安を抱えている人や、効率良く転職活動を進めたい方におすすめです。

関連記事・コンテンツ

転職エージェント求人数ランキング

転職エージェントの比較を見る