医療・看護・歯科・薬系

歯科衛生士・歯科助手

歯科衛生士・歯科助手

歯科衛生士・歯科助手ってどんな仕事?

歯科衛生士は歯科治療において、器材やカルテの管理など歯科医師が診察を行う際の補助をしたり、歯石を取り除くなど虫歯や歯周病にならないための予防処置を行う。また、患者の口の健康を守るための指導も行っている。

専門学校、短大で指定された教科を学び、国家試験に合格したのち個人の歯科医院や大学病院、保健所などで働くのが一般的。高齢化が進んでいる最近では、ホームヘルパーの資格を取得し、福祉施設や自宅で寝たきりの生活をしているお年寄りを訪ね、口の中の清掃や義歯の使い方を指導する歯科衛生士も増えている。

直接の医療業務をすることはないが、歯科医師が治療を行うにあたってなくてはならない存在であり、需要も少なくない。また、歯科助手も歯科医師の治療補助を行うが、特に資格を持っている必要がない。そのため、歯科助手は歯垢の除去や歯科保健指導など、直接患者の口の中に手を入れる行為はできない。

※一部古い情報が含まれている可能性があります。

就業するには?

歯科衛生士養成機関を卒業して歯科衛生士の国家試験に合格し、免許を取得する必要がある。養成機関の修業年数は3年課程以上である。カリキュラムは、基礎的教養科目と、解剖学、口腔衛生学などの基礎的専門科目、臨床実習を含む専門科目からなる。

歯科衛生士には、歯科を中心とした医学への関心と知識、口中にある歯の沈着物を取り除いたり薬物を塗ったりするという細かい技能が必要である。また、指導や相談に際して、患者に対する配慮や、人に説明することも求められる。
就業者に対する研修会が歯科衛生士会などにより開催されており、新しい知識や技術を習得することができる。

労働条件の特徴

主な職場は歯科診療所(歯科医院)だが、このほか、病院、保健所、市町村保健センター、企業の健康管理室、歯科医師会の口腔保健センターや障害者の歯科診療施設などにも雇用されている。
就業者は女性が多く、いったん仕事を辞めても、国家資格の専門性を活かして再就職する人も多い。

勤務時間は、保健所など公衆衛生関係では平日昼間の勤務がほとんどであるが、診療所ではそれぞれの診療時間・曜日に合わせて日数・時間帯とも若干幅がある。
最近の動向として、在宅高齢者への訪問指導など、高齢化への対応が求められている。

統計データ

  • 就業者数

    106,890

    (出典:平成27年国勢調査)

  • 労働時間

    167時間

    (出典:令和3年賃金構造基本統計調査)

  • 賃金(年収)

    386.7万円

    (出典:令和3年賃金構造基本統計調査)

  • 年齢

    34.9

    (出典:令和3年賃金構造基本統計調査)

  • 求人賃金(月額)※1

    23.5万円

    (令和3年度)

  • 有効求人倍率※2

    2.81

    (令和3年度)

  • ※1 ハローワークの無期フルタイム求人の賃金欄の中間値の平均(実数値)
  • ※2 ハローワークの「無期又は4ヶ月以上の雇用期間のあるフルタイム」の求人数を同条件を希望する求職者数で除したもの(実数値)

歯科衛生士・歯科助手に関するみんなの質問

質問をもっと見る

人気の質問をチェック

歯科衛生士・歯科助手関連の求人

求人をもっと見る

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

おすすめの社員クチコミを見てみよう

他の企業のクチコミを探す

求人選びに迷ったら転職エージェントに相談

転職エージェントは、無料で転職について相談できるキャリアアドバイザーです。
初めての転職に不安を抱えている人や、効率良く転職活動を進めたい方におすすめです。

関連記事・コンテンツ

転職エージェント求人数ランキング

転職エージェントの比較を見る